スモールワールド現象 世界は広いようで狭い?

Pocket

スモールワールド現象をしっていますか?

 

知り合いをたどって行けば、どんな人間にも比較的簡単にたどり着くという仮説である。

 

1967年、心理学者のスタンレー・ミルグラムという人がそれをスモール・ワールド実験という検証を行い、
平均六人を介すればたどり着くことができるとが求められた。

とのこと。

 

あなたの場合は?

 

例えばあなたが好きな有名人を思い浮かべてみよう。

仮にその有名人がAさんとする。

で、あなたの知り合いの中で、もっともAさんを知っていそうな人を抽出し
その人に

 

「あなたの知り合いの中で、もっともAさんを知っていそうな人に同じことを伝達して」

 

と伝えていけば、平均して七人目までには、Aさん本人にたどり着くというものである。

 

この説は比較的若いころから知っていたが、一個人としては実験する術もなく

 

『そうは言われても本当かねえ?』

 

と半信半疑であった。

 

 

私の場合

 

実生活私には姉がおり、姉は昔っから大の藤井フミヤファンなのだが、
ある時、私の友人の友人が藤井フミヤの弟の藤井尚之と結婚。

その話を聞いて、うちの姉ちゃんから、憧れの藤井フミヤまでは

 

①姉→②弟(私)→③友人→④友人(尚之の配偶者)→⑤藤井尚之→⑥藤井フミヤ

 

と、四人を介すればたどり着き、確かに平均七人以内であることに個人的に納得したのである。

 

 

これは、別に好きな有名人だけでなく、どんな人にもたどり着くという点が結構怖い点である。

 

どんな凶悪犯とかにでもたどり着いてしまうことに成りかねないので、積極的にこんな実験はしないほうが賢明であるかもしれない。

 

私の場合②

 

数年前、当時好きになった女性と

 

(はい興味ありませーん)

 

夜から二人で飲みに行く機会に恵まれ、ワクワクしておったら、昼に食べたお弁当屋さんの生姜焼き弁当にあたってしまい
仕事中に全身に蕁麻疹が出たことがある。

 

『夜のデートが無茶苦茶になってしまう!』

 

と、慌てて職場近くの内科に行き、注射を打ってもらったのだがその際、担当の医師が

 

「この注射を打つのは玉置浩二さん以来ですよ」

 

「だから女性関係に注意してください」

 

とジ冗談を言われた。

 

その経緯は、地方公演に来た玉置浩二氏が、体調不良となり、現地のスタッフがこの医者を紹介して
診断し注射することになったという。

 

『私と玉置浩二とは』

 

『①私→②この医者→③現地スタッフ→④玉置浩二』

 

で、たどり着いたのだなあと、現地スタッフと玉置浩二が直接連絡を取れるかどうかを無視して、
やや強引に納得したのである。

 

その晩のデートは上手くいったのだが、数日後、この医者のドクターズ・ジョークである

 

「女性関係に注意してください」

 

の予言が当たる形となり、変な男が割り込んできて、結果、無茶苦茶になったのである。

 

 

後悔先に立たず

 

こうなることがわかっていたのであれば、あの時、病院で強引に玉置浩二を紹介してもらい、

 

①私→②この医者→③現地スタッフ→④玉置浩二→⑤石原真理子

 

の連鎖で石原真理子と直接の知り合いになっておけばよかったと

ドラマ『ふぞろいの林檎たち』のファンとして、
数年後、彼女が貧困の末、コンビニ弁当を万引きするような事態は避けられたのにと、
後悔の念が募るのである。

短絡的な犯行だとかなんとか手厳しい人もいるが、そういう意見は本当にひもじい思いをしたことがないのだろう。

 

というか彼女も、

 

『絶対、私を助けてくれる人間が、比較的簡単に平均六人を介すればたどり着くことができるんだ!』

 

とスモール・ワールド現象をプラスに捉えて活用すれば、そこまでの貧困には遭わなかったのかもしれない。

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません