【名古屋人への誤解】だったら名古屋人は全員〇〇〇〇〇か!

Pocket

こうして名古屋人のイメージは悪くなっていく

 

 

飲みの席で、初対面の女性に、名古屋出身である旨を告げたら

 

「あたし、名古屋人は許さないことにしてるんです」

 

などと真顔で言われて唖然としたことがある。

 

聞けば、直前に分かれた彼氏が名古屋出身者であり、ひどい目に遭わさたとのこと。

 

って、おいおい、元カレ一人で名古屋人をひとまとめにするんじゃねーよ、と言いたい。

 

こういう具合に、名古屋人の悪いイメージが日夜、日本全国に浸透していっているかと思うと恐ろしい。

 

 

〝名古屋人〟と検索すれば

 

Googleの検索窓に〝名古屋人〟を入力すると

 

名古屋人 ケチ

 

名古屋人 頭おかしい

 

名古屋人 顔 特徴

 

名古屋人 クズ

 

と出てくる。

 

誰がこんな言葉で検索しておるのか。

それにしてもひどい。

名古屋出身者として許せん。

本当は名古屋市出身ではないが、隣町の出身者として許せん。

 

ということで、日本中に広まっている、いくつかの間違った情報をここで是正していきまーす。

 

是正できるかなあ。

 

 

名古屋人=ケチ

 

某サイトによると

 

————————————————–

 

愛知県人=名古屋人は、尾張藩が勤倹貯蓄を奨励した歴史からか、実利性に富み、保守的でケチな性分が染みついている。

ぜいたくを戒めることにかけては、全国一。

リスクのありそうなものには手を出さず、いざというときに備えて貯蓄に励む。

ただし、貯め込んだカネは自宅で保管する人多数。

実際、名古屋では自宅に保管していたカネが盗難に遭う事件も頻発。

「他人を信じられない」名古屋人の性格が窺われる。

—————————————————

 

とのこと。

 

いちいち名古屋人の県民性を説明するのに尾張藩時代の説明から入るところがすごい。

 

ケチだけでなく、リスクのあるものには手を出さない、他人を信じられないなどと、悪口をこうも書かれると腹が立ってくる。

書いている人は、名古屋人にどんな目に遭わされたのかある意味、心配になってくる。

 

 

「バッキャロー」からケンカが始まる?

 

その昔、自己紹介で、名古屋出身であることを告げると

 

「ああ、名古屋人は、ケンカする時は必ず〝バッキャロー!〟って言って始まるんですよね?」

 

などと、根も葉もないことを言われて困ったことがある。

 

そもそもバッキャローなんて言わねえわバッキャロー。

 

しいて言うなら

 

「ターケー!」

 

と言ってケンカは始まるかもしれない。

はじまらんか。

 

それにしても、ひどい誤解だよなあ。

 

 

名古屋人は悪食である。

 

また〝食の魔境〟などと言われ、まるで名古屋を悪食の代名詞のようにされている。

 

某喫茶店で、生クリームとアンコを山の様に乗せたパスタなどが面白おかしく紹介されたのをきっかけに広まった誤解である。

そんなもん食べていないんである。

一部の人が思い出づくり程度に行っているに過ぎない。

それをまあ、名古屋人が毎日、そんなものを食べているかのように。

しかし、それに乗っかってわざわざ突拍子もないメニューを考案しておる悪ふざけの類似店も数多くあるので、自ら名古屋人も誤解に加担しているとも言える。

 

まあ、基本的に味噌カツ、味噌煮込みうどん、味噌おでん、ドテ煮など味噌好きなのは、誤解ではないけどね。

 

 

 

だったら、名古屋人は全員・・・

 

と、他にもいろいろ誤解はあるので、今後も機会があれば是正していきたい。

 

それにしても、

 

「名古屋人は全員こうだ!」

 

とうう風に

 

「一部ではそういう人もいるだろ?」

 

って話にできんところが、名古屋人に対する悪意を感じるんだよなあ。

 

だったら、名古屋人は全員、宮地佑紀生か!

聞いてみや~ちか!

1・3・3・2 東海ラジオか!

生放送中に相方に暴力を振るうか!

認知症が原因か!

珍プレー、好プレーの星野仙一のアテレコか!

タワケ、ドタワケ、クソタワケか!

 

※写真は宮地佑紀生。

 

はあはあ。

 

まったくモウ。

 

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません