【タイピング音がうるさい人】 あなたの周りにいる、キーボード強打野郎との向き合い方!

Pocket

どこにでもいる迷惑なひと

 

君の職場や学校に、文字を打つときパソコンのキーボードを強打するものはいないだろうか?

「いないよ」

と言われると困るのだが、私の職場にはいて、入力するときはいちいち  

 

スパパパパパッ               

    パーーーーーーーンッ!!!!!!

スパパパパパッ                   

   パーーーーーーーンッ!!!!!!  

 

と、音を立てる。

もう、むやみやたらに音を立てる。

 

「私の仕事は、文字を打つことではなく、キーボードの音をどれだけ大きく鳴らせるかです!」

 

と言わんばかりの表情であり、鼻の穴は全開で北島のサブちゃん状態。

 

たまに、キーボードを打つ手を止めて、何事か考えるような顔をしているが実際のところは頭の中に花が咲いたような状態で何も考えていない。

そして再び、キーボード入力に戻り  

 

スパパパパパッ                 

   パーーーーーーーンッ!!!!!!

スパパパパパッ                 

    パーーーーーーーンッ!!!!!!  

 

を繰り返す。

この時はもう恍惚の表情で、よくよく見ると勃起している。

(してません)

 

入力を終える最後の一打にいたっては、

その昔、井出名人というプロ雀士がTVゲームの麻雀ソフトのCMの最後のキメで、カメラ目線で麻雀パイを強く打ち  

 

「勝ち逃げは、この私が許さないっ!」

 

と言っていたのをこれを読んでいる人は全員知っていると思うが

(知りません)

その時の顔である。  

 

※写真は井出名人

 

  あとだいたいこういう人は、コントロールキーを押しながら別のボタンを押す際、体重を思い切り左手に乗せて

 

“グイッ!”  

 

とコントロールキーを押す傾向にある。

本来コントロールキーは、そんなに強く押す必要は無いのだが  

 

“この思い、届け!”

 

“コピーすることにコミットする!”  

 

の思いを込めて  

 

“グイッ!”    

 

と押している。

よく聞くと  

 

  「グイッ」  

 

  と小さい声で言っていたりする。

(言ってません)  

いわゆるひとつの至近距離ご近所トラブル

 

と、こんなスパパパパパンッグイグイ野郎が職場にいるともう腹が立って腹が立って仕方がない。

注意してもいいのだが、結局のところ一時収まっても、持って生まれたスパパパパパンッグイグイ体質はそう簡単に治るはずもなく すぐに元通りになってしまうので注意しただけ人間関係が悪化するので、全くの無駄である。

誰かが

「好きの反対は、嫌いではなくて、無関心!」

と言っていて

 

そりゃあそうだ! そういう人は無視するのがベスト!!無視無視!!

 

と思って再び仕事にかかるのだが、近くの席で    

 

スパパパパパッ                 

   パーーーーーーーンッ!!!!!!

スパパパパパッ                 

    パーーーーーーーンッ!!!!!!

 

「・・・・・・・・・・・・・・・」  

スパパパグイグイ野郎との向き合い方

 

 

こうなってくると無視なんて言ってられない!!

ああ!!!

と思っていたが、あるとき、ふと、強打する音を聞きながら、件のスパグイ野郎をよく見てみたら、まじめな顔しちゃって、必死に無い頭を振り絞って 慣れない手つきで、誰からも評価されないにもかかわらず、なんか必死にキーボードで打ち込んじゃっており、

「愚直」

「不器用」

「朴訥」

「哀れ」

みたいな流れで、ちょっと可哀想に思えたときがあった。

 

そうしたら、なんだかその人を許せたのである。

それ以来、私は嫌いな人に対して哀れみをもった眼差しで、アルカイックスマイルの表情で 好きの反対は嫌いではなくて、心のこもらない哀れみである を信条とすることで職場のイライラを軽減したのである。

   

とはいえ

 

とか、これ書いててわかったのだが、俺も結構キーボード強く打っちゃうんだよな、これが。  

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください