【急に残高0!】住民税による口座差し押さえ体験記!⑩

Pocket

分割納付の最終回終わる

で、迎えた2016年11月、2013年9月から三年二か月に及ぶ分納を払い終え、以下の様な嬉しい手紙が届いておしまいになった。

 

これ届いたとき、っていってもたかだか一年前だが、本当に部屋でひとりで

「やったぞーーーーーーー!!!!!!」

と叫んだのである。

さて、長々と書いてきたこの差し押さえ騒動。

何が書きたかったか?

それは、実際に差し押さえられてビビっている人へ、すばやく行動すれば口座の凍結は解除されるということと、差し押さえは生活の見直しになるということ、で、今回の私の都民税差し押さえ時代の都知事どもの不祥事の数々を書きたかったのである。

私の都民税差し押さえに絡む都知事ども

収めていなかった私が悪いのは重々承知の上ですが、払い終えたので書きたいことを書かせていただく。

猪瀬直樹 元都知事

任期:2012年(平成24年)12月18日~2013年(平成25年)12月24日。

私が差し押さえられた2013年9月段階での都知事。

徳洲会グループから5,000万円の資金提供という名の賄賂を受け取ったとして、2013年12月辞任。

私が差し押さえられた3か月後に辞任。
個人的には私を差し押さえたバチが当たったと思っている。

「猪瀬が貰った5,000万から俺の90万はらっとけ!」

とか当時は口癖のように言っていた。

猪瀬都知事、退職金1,100万円!

「猪瀬~!!!!!」

舛添要一 元都知事

2014年(平成26年)2月11日~2016年(平成28年)6月21日

政治資金をめぐる公私混同疑惑を発端として常識外れに高額な海外出張費、週末に公用車で神奈川県湯河原町の別荘に行き来していたこと、そして5月には自身の政治資金管理団体の支出が、舛添要一氏の個人的な家族旅行、飲食費、土産代、美術品の購入に使われていたことが、問題となり辞任。

私が分納期間中の都知事、個人的にはやはり私を苦しめたバチがあたったと思われる。

バチっていうより自業自得か。

「その公的資金から俺の90万払え!」

で、舛添元都知事、退職金2,200万円!

「舛添~!!!」

石原元都知事

1999年(平成11年)4月23日~2012年(平成24年)10月31日

「都民の税金未払いは、徹底的に取り立てる!」

と言ったオッサンである。

が、その裏で法外な値段の海外出張費、友人知人との料亭での豪遊を公的資金で行うなどの舛添チックなものとは別に豊洲問題などなど不祥事は書いていたらきりがない。

新銀行東京などという銀行を作ったが結果は、1,400億円の都民の血税をドブに捨てた形に。

「おい、その1,400億円のうちからひとつ、俺の90万というはした金を払ってくれないかね?」

石原都知事、退職金、一億5,000万円。

「石原~!!!!」

 

どいつもこいつもしらばっくれんじゃねえ!

東京都よ!

俺の様なこものを追いかけまわして口座凍結なんかしてないで、こいつらが不正に得た、使った血税分をきっちり払わせろ!

払えないんならこいつらの財産を差し押さえろ!

厄年は関係があるか?

差し押さえられた2013年、支払いを終えた2016年の三年間。

これが私の前厄、本厄、後厄の三年間の身に起きた出来事です。

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません