【自動改札の残高表示】現代社会の闇?について考える

Pocket

Suicaの残高が、持ち主の値札化している件

SuicaやPASMOを使って自動改札をくぐるときに、自動改札機の小さな画面にカードの残高が表示される。

ラッシュの時なんかは、自分のすぐ前に自動改札を通過した人の残高がばっちり見れる。

ということは自分の残高も後ろの人に丸わかりであり、毎回1,000円づつ細かく刻んでチャージしており、残高が最大で数百円程度の身としては人前で恥をさらす思い。

残高が50円の私をみた後ろの女性に

「ああ、こいつ50円ね」

「50円の価値の男ね」

と思われるはめになる。

現代社会において、人は、自動改札の前で、Suicaの残高=持ち主の価値、という値札を貼られているのである。

(貼られてません)

残高が過剰な人

たまに、前を通ったサラリーマン風の男の残高が4万円台であったりする。

見せびらかしているのか?

だいたいSuicaに4万も5万もチャージする必要あるか?

と思う。

「いや、4万円以上チャージする必要あるよ」

「なぜなら俺は、突発的に新幹線で長距離の移動をすることもしばしばだからね」

などと抜かす、この野郎は、Suicaの残高を4万円台に保つことで

「おれ、一流のビジネスマンだかんね!」

「Suicaの残高は大人のステータスだもんでね」

「東京カレンダー読んでる?」

「ああ、港区の優越」

などと、胸糞の悪いことを考えているのである。

※写真は東京カレンダー。現在もっとも胸糞の悪い雑誌。

 

そのため、私は前を通った男のSuicaの残高が4万円をこえていると

 

「格好つけるんじゃねー!」

と、どやしつけたくなる衝動に駆られるのである。

Suicaの残高が、少ない人はいい人だ!

逆に、私の前を行く若い女性の残高が20円と表示されたのを見ると

「わかる」

「わかるぞ」

等と仲間意識を感じたりする。

「この人は将来、きっといいお嫁さんになる」

などと、何にも知らないにもかかわらず勝手に思っているのである。

改札で流れをせき止める人風景

 

通勤ラッシュで、ようやくもみくちゃにされた満員電車を降り、みんなでドンドンドンドン自動改札に向かっていく。

前方の改札機をみれば、人々が次々に抜けて出て行っている。

改札を抜けて、それぞれの会社に急ぐ姿が見える。

今日は電車遅延もなく、スムーズにことが運んでいる。

いよいよ自動改札が近づき、Suicaを用意する。

と、私の前を行く者が改札機にSuicaをかざした途端、そいつのSuicaが残高不足で、

〝ピンポーン!〟

という警告音がなり、人を小ばかにしたような小さな扉のようなアレが閉まり

「チャージして下さい」

と機械的な音声が流れる。

 

自動改札に足止めをくったそいつは、ひきつった笑いで引き返して精算機に行こうとするが、私の後ろからもドンドンドンドン人が押し寄せてきており、ちょっとした立往生状態になることがある。

事情がわからない人々がどんどん押し寄せ、私の背中にガンガン当たってくる。

良い流れを止められた腹いせに、故意に背中にパンチを浴びせる者もいる。

私が悪いのではないにもかかわらず、この残高不足野郎のせいで、私が背中を殴られるのハメになるのである。

こういうせっかくの良い流れを、食い止めるヤツはどこにでもいる。

こいつは、みんなで

「なんか変な臭いしない?」

などという会話で盛り上がっているときに

「俺、鼻が詰まってるからわからない」

といって、会話の流れをとめるタイプである。

『まったく、流れをとめるんじゃねえ!』

と思っていると、その残高不足野郎が小声で

「すいませんすいません」

と頭を下げながら後ろへ戻っていく。

そいつを冷ややかな表情で見送りながら、足止めをくった者達が全員で

『このドジ!』

『まぬけ!』

という心の中で念を送ることになる。

あなたがそういう目に遭わないために、Suicaの残高は多すぎてもいけないし、少なすぎてもいけないので注意していただきたい。

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません