【mixi日記で振り返る】元祖ネットカフェ難民への軌跡 ③~精神不安定編~

Pocket

2006年10月18日の日記 タイトル「勝つかもしんない」

 

「部屋を追い出されたて、凍死しました」

なんてニュースも聞かないし、

「なんとかなんじゃん?」

と半ば思考停止状態で、楽観的に考えていたのだが、 楽観的に考えれば考えるほど、冗談みたいな話だが、実際になんとかなりつつあって嬉しい。

病気で苦しむ人が病原菌が死んでいく姿の絵を 書いていたら、実際に病気が治ったり、

「薬です」

って渡された、ただの小麦粉を服用していたら病気が 治ったり、薬の名前を書いた紙片を握って寝たら効果があったりっていう、いわゆるプラシーボ効果ってヤツなのかもしれないけど、とにかくなんであっても、しばらくは、東京を離れる事になりそうだが、なんとかかんとか生き延びれそうだ。

詳細はまた今度、シラフの時に報告します。

オエーッ。

(なんだこの日記)


★解説

勤務先が、新潟に支社を作ることになり、11月の頭から応援という形で11月末まで行けることとなり、浮かれて酒を飲んで書いた日記である。
まったく記憶にない。

こんな日記を書いていたことを今更知ることになるとは。

 

2006年10月22日の日記 タイトル「試しにサヨウナラ」

やれ、

「マージャンをすればその人の本質が見れる」

だの、

「酒を飲めば本音が出る」

とか、いうけれども、本当か?

麻雀については、勝ちたいと思っている、精神的には不安定な時に、本音が出るとは考えがたいし、酒については、酒飲みの自分から言うと、酔って喋っている事なんて、 ほとんど、その場を盛り上げる為の方便であって、それをもって 本質とか言われると困ってしまうので、 これも、本音が出るとは言いがたい。

では、どうすればよいか?

麻雀をやらずして、酒も飲まずして、本音をさらけ出させる方法は、ソレは、

”友人知人に対してS.O.Sを出してみる”

事で見極める事が出来ると提案してみる。

今回、ボクは非常にピンチな状態である訳だが、

「今、自分は、こんな危機的状況だ」

と、伝えると、反応の仕方によって、その人の本性がわかるのだ。

相手の反応は、大きく分けて反応は五つに別れた。

まず、一つめ

”放置型”

「おめえは、そういうヤツだよな」

「それも、また人生」

等と、訳知り顔で、上からモノ申す一派。
でもこれは、ある意味、さっぱりしていて、気持ちがいい。

ただ、決してムカつかないとは言い切れない。

続いて二つめ、

”嘲笑型”

「自分の撒いた種だろ!」

「ざまーみろ」

叱咤する一派。

言い換えれば、傷口に塩を塗り込む人々。
生き残った暁には、 この辺の人々とは近々縁を切っていく予定。

そして、三つめ、

”一見、受け入れ型”

「本当に困ったら助けるよ」
「気軽に声かけてね」

と言ってくれるのだが、
実際に泣きつくと

「冗談ですよ」
「本気にしてたんですか?」

とキビスを返す一派。

この辺は、本当の本当に危機的状況にならねば
本性がわからない、一番タチの悪い人々。
時間をかけて縁を切っていく予定。

続いて四つめ、

”応援型”

励ましの言葉を送ってくれる一派。

「力にはなれないけれど、頑張って!」

と言ってくれる人や、
電話で安否を確認してくれたりする人。

こういった人々は、末永く友達付き合いをしたい。

力になるとかならぬとかじゃ無く、頑張ってって言う言葉だけで、力になるのだ。

そして最後は、

”怒り型”

「なにしてんだよ!」

「社会人として恥じろ!」

と叱り飛ばす一派。

言われた直後は、ムカつくが、
よくよく考えてみると、一番自分の身になって考えてくれている人々。

本当の友達って、心配かけると怒ってくれるんだよ。

★解説

強制退去目前で、いろいろみんんから言われ過ぎてかなり精神的にやばいことになっている日記である。

みんなに心配かけておいて切れているところが幼稚である。

(つづく)

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません