【モテるモヒカン】 モヒカンのススメ!③

Pocket

モヒカンの心構え

 

坊主は二十年ほど前から男性の間で人気のヘアスタイルとなり、

〝ボウズスタイル〟

などというヘアカタログが定期的に出版されているくらい、世の中に浸透している。

方やモヒカンの浸透度は低い。

それは、モヒカンが見た目的に凶悪であり、それによる私生活への影響が大きいからである。

巨人の澤村投手ほどではないにしろ、モヒカンは物議を醸す髪型であることには間違いがないので、
今回、モヒカンにするかどうかを迷っているあなたに、モヒカンにすることで生じるメリット・デメリットを紹介し、
実際にモヒカンにするか否かをご検討いただければ幸いである。

 

 

モヒカンのメリット

 

手入れが楽。

 

ドライヤー10秒も当てれば乾く。頭頂部の長いモヒカンであっても横を刈ってないのと比べたら数段乾くのが早い。
なので、朝の準備が楽。朝活にも最適である。

 

坊主よりオシャレ。

 

最近、ただ金がないだけで坊主にしているにも関わらず

「オシャレ坊主の類だもんね」

と言いたそうな顔をしている輩も多いので、そういうヤツとの差別化がはかれる。

 

オヤジ狩りに遭わない

 

頭の悪そうなガキを叱りつけたくなる場面をたまに目にするが、叱ったりして逆襲されては

中高生といえども集団であれば勝つ自信がない、というより逃げ切る体力がないので一瞬ひるむ。

しかしモヒカンであれば無言でヌッと立つだけで、勝手に私のバックボーンを誤解して解散してくれるので助かる。

 

白髪隠しに最適。

私のように側頭部の生え際やこめかみだけに白髪があるものにとって、
すぐに伸びる、この部分の白髪染めは手間であり、少ししか使わないので白髪染めを無駄にしやすく不経済である。
ので、いっそここを刈ってしまえば、そんなものは全て解決なのである。

白髪染めって、バスルームとか汚しがちだしね。

 

M字はげの隠しになる。

 

生え際が広くなってM字ハゲになってきたが、頭頂部がハゲているならばスキンヘッドもありだが、
せっかくこうして頭頂部は毛がフサフサなのに、生え際だけのためにスキンヘッドにはできない!

という人に特におすすめしたい。

 

意外に子供には受けがいい。

恐がるかと思いきや、そんなことはなく、むしろEテレのキャラクター的なものと解釈し、笑顔で接してくれる。

 

モヒカンのデメリット

 

世間が引く。職務質問に遭いやすくなる。

 

まず、大人が引く。

 

こうみえて、絵本も嫌いではないので、図書館の絵本コーナーに入って行くと、読み聞かせをしているママ達にギョッとされる。

 

一度、図書館にあった

〝襲撃~中田カウスの1000日戦争~〟

という本を手にしたまま絵本コーナーに入って行ったら図書館員のひとが一気に数人立ち上がったので、そのまま踵を返して出てきたことがある。

 

 

 

美容師さんが、適当に施術するようになる。

 

はじめのうちは、私の

「モヒカンがいかにいいか!」

などという語りに大きく頷き、白髪のくだりなどでは興味深々だった美容師さんも、だんだんと

「モヒカンなんで横をバリカンで刈るだけだろ?」

と、回を重ねるごとにぞんざいな扱いになり、はじめは30分かけてやってた作業も、
バリカンでちょちょっと刈られただけで

「ちょっと待っててください」

と、意味もなく雑誌を読まされたりして待たされて、最後に申し訳程度にハサミを入れて
正味10分
くらいの施術時間しかかけられなくなる。

 

 

頭頂部に視線を感じるようになる。

 

胸の大きな女性がよく

 

「男の人が、自分の胸を見ている視線を感じる」

 

というようなことを言うが、これと全く同じ理由で老若男女問わず
自分の頭頂部に視線を感じる。

 

「こっそり見てるつもりなんだろーなー」

「見てるのばれてないと思ってるんだろーなー」

 

と思いながらバッチリ視線を感じることができる。

 

男でありながら巨乳の気持を味わうことができる。

 

(味わってどうする)

 

と、こうして書き出してみれば、モヒカンのデメリットなんてせいぜい世間体ぐらいな話で、もっとモヒカンへの理解が広がれば何の問題もないのである。

 

だいたい、CS放送でアメリカの番組とか見てると向こうの大学教授とかでも普通にモヒカンだったりするのである。

 

モヒカンが理解されない国は遅れているのである。

何に遅れているのかは不明。

 

(明日へつづく)

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません