【金八先生】3年B組恒例!最終回、主題歌大合唱について考える!

Pocket

無理があるもの数あれど

何が無理があるかといって、

 

『金八の最終回で生徒一同が主題歌を合唱し出すことほど無理な物はない』

 

と私は声を大にして言いたい!

 

(言えばー?)

 

説明します!

 

ドラマ、三年B組金八先生をあまり観たことの無い方に一応説明すると、金八の1シリーズは、だいたい半年間放送がある。

中学3年の途中から、生徒が卒業していくところでまでが1シリーズである。

金八の最終回では毎回、卒業式が終わったあと、教室に戻って『お説教』と呼ばれる金八によるスピーチがある。

これがもう見せ場である。

このシーンのためだけの半年間と言ってもいい。

 

金八最後のお説教風景

 

この教室での金八によるスピーチが始まると、生徒達がシクシクと泣き出しはじめる。

テレビドラマという仮想のクラスとは言え、半年間、準備期間などを考えればそれ以上の長期間に渡って苦楽をともにした同士の別れであり、生徒達はギャンギャン泣くのである。

スピーチも終盤にさしかかり、金八が、生徒を愛している的な発言をすると、泣き声はヒーヒーと、もう泣き声は、鳴き声となり、教室中に怪鳥音じみた嗚咽が共鳴しあってどえらいことになる。

感情を抑えきれず、机に突っ伏して泣く者もいる。

とりわけ仲の良い者同士で抱き合うように泣く者もいる。

訳が分からなくなって、全裸で床を這いずり回って泣く者もいる。

(いません)

で、スピーチが終わると、だしぬけに金八が

「さあ、歌おう歌おう」

と言う。

するといきなり、生徒の一人がギターを持ってイントロを奏でる。

イントロが終わると、突然、生徒一同が

「遠~くまで~見える道で~」

「君の~手を~握り~しめ~た~」

などと、だしぬけ、いきなり、突然、と言う、唐突の三段方式でもって出演者一同で主題歌を泣きながら合唱するのである。

これが、冒頭で書いた

『金八の最終回で生徒一同が主題歌を合唱し出すことほど無理な物はない』

の意味である。

金八は集団催眠か?!

 

つまり、金八は、最終回のラストギリギリで、急にドラマからドキュメンタリーになるのである。

まあ、卒業と最終回が同じ意味合いだから役を忘れて泣きじゃくるのは構わん。

ダブルミーイング的とも言えるので良し。

が、主題歌を突然歌いだすことはまかりならん!

と思うのだが、これに対してそう思わないということは、出演者、スタッフ、視聴者、その他、金八に関わった者全員が、公私混同というか、現実とドラマが混在となって感情がどうにかなって、冷静さを欠いているとしか思えない。

 

最終回、主題歌大合唱を合法化するための苦肉の策

ただ、放送後、数年経ち、新シリーズが制作される頃になると、スタッフの中には一部冷静さを取り戻し

「アレちょっとおかしいんじゃないですかね?」

と言った者がいたようで

「でも、最後はやっぱり全員で主題歌大合唱で終わらないと納得できないでしょ!」

「マジな号泣を撮れないでしょ!」

「収まりがつかんでしょ!」

と喧々囂々の議論百出状態となったと思われるのだが、第何シリーズかでは、苦肉の策として、最終回間際になると、ホームルームの時間などで金八が

「クラスの歌をね、作りたいと思う」

「クラスの歌をね、作ってみんなで歌いましょう」

などと言い出しものがあった。

こうして、クラスの歌とやらで主題歌を作ったことにして、最終回で全員での主題歌大合唱に異論を唱える者を黙らせることが出来るという算段である。

ドラマの中で金八に前置きさせておくことで一件落着なのである。

だからと言って、これだけでは安心しきれないので、更にドラマの中で金八に

「おい、ヤスオ」

と、ヤスオなんて生徒がいるかどうか知らんが、ギターが弾けるヤスオ的なキャラな男子生徒に

「おい、ヤスオ!」

「クラスの歌は出来てるか?」

「着々と進んどるか?」

的なセリフをしゃべらせ、視聴者に

〝クラスの歌、絶賛制作中!〟

のイメージを念押しし、最終回の主題歌大合唱、完全合法化への布石を打ったのである。

 

次回作への私の案

 

そんな小細工も時代と共に許されなくなったのか、金八は第何シリーズかではこの最終回主題歌大合唱シーンはなくなってしまった。

誤解してほしくはないのだが、私はこの最終回主題歌大合唱のシーンは好きである。

ただ、無理があると言っているのである。

で、いいアイデアもないまま、最後の大合唱シーンがなくなった金八のラストシーンは、ソーラン節だかのダンスシーンにすり替えられるという、まことに腑抜けたものと差し替えられたのである。

じゃあ、どうすればよかったのか?

例えば、「THE END」 なり、「終わり」なりの文字が出たあとに、あくまでメイキング映像として出演者全員号泣の大合唱を放送すればよかったのである。

ので、次回作ではぜひ検討して欲しい。

って、もう金八やらないのか・・・。

金八また放送しろ!

ファイナルを放送したからって気にするな!

引退してもすぐに復活する大仁田の様に何回でも復活しろ!

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません