焦るな危険 やってはいけないダイエット③

Pocket

骨盤体操

 

図書館でたまたま見つけた骨盤体操のDVD。

床に寝転がりながら行う一日5分程度の体操。

これはむくみが取れるので良い。

もともとは日本伝承の産後の肥立ちが悪いひとに行われていたものを現代風にアレンジしたものらしい。

一番の効果は食欲の正常化と謳われており、確かにいわゆるドカ食いはしなくなるような感覚があるが、気のせいと言われれば気のせい。

 

で、結局

 

まだまだ試したダイエットは自分であきれるくらいあるのだが、結局のところ、普段の生活をしながら一生無理なく続けられることではないかと思う。

そして過去行ったダイエットで一番の問題は

「効果が出ないからすぐにやめる」

ということであり、

無理のない計画

が必要だと思う。

 

やれがどうとか、サプリがどうとか、それこそ

「ダイエット」

で検索すれば星の数ほどその方法がでてくるだろうが、それも結局、

普段の生活をしながら

一生無理なく続けられる

かどうかの問題だと思う。

 

サプリ初回980円、翌月から送料込みで7000円。

効果はあるかもしれないが、毎月7000円を払うことが一生続けられるかというのが問題ではないか。

 

 

今の私のダイエット

痩せる方法はいくらでもある。

が、自分なりに調べて、一番健康的であると判断したものを実行している。

まず、無理のない目標

・一か月一キロの減量。

すぐに結果が出なくてもあきらめない。

今のところ、二か月で二キロ減。目標まであと16キロ減。

一年半くらい。焦らない。

次が、無理のない食事制限。

・腹が減るまで食べない。

・満腹になったら残していい。

腹も減ってないのに「小腹がすいた」などといってちょこちょこ食べない。

禁煙してからこれが増えた気がする。

極端な話、お腹が鳴るまで食べない。

 

ラーメン二郎ダイエット(絶対にやってはいけない!)

 

休日は超空腹状態で近所のラーメン二郎の開店と同時に入店し、小サイズを食べる。

ラーメン二郎は小サイズと大サイズがあるのだが、小サイズは一般的なラーメンの特盛以上に量がある。

一杯食べれば翌日まで空腹にはならないので、夜は素焼きアーモンドとするめ程度で晩酌をして寝ているのだが、翌日は体重げ減るし、食費は安いしでこれを実行中。

写真を見てもらえばわかるがもやしの量もすさまじいので食物繊維的にもいいのかもしれない。

変に一日三食たべるよりいい気がしている。

全く責任は負えません。

 

(2017年11/27追記。これやって、体重激増しました。やってはいけません!って、普通やらないよね)

 

 

※写真は、小サイズ。にんにく多めです。麺はどんぶりの底までギッチリ入ってます。

 

最後に一生続けられる運動

 

一生続けるには楽しい必要がある。

自分にとって朝30分走ることは、はじめは苦痛だった。

そんなときは、

「TV見てても30分、走っても30分」

「同じ30分でも一年後は大きな開きがある」

と自分に言い聞かせて走り出したりしていた。

 

今は週に三回か四回走っている。

続けていると、走っているときの爽快感や、いいアイデアが浮かぶこと、また体内時計のリセットなどで早起きが気持ちよくなることなどから、今のところは(あくまで今のところだが)走るの辞めたくないと思っている。

ランニングのアプリ(自分は、NIKE+RUN CLUBを使っています)を使うと、友達と競争できたりして楽しみが増えますよ。

と、我ながら大きなことを偉そうにいってるなあ。

痩せてもないのに。

 

というか今回は、自分に言い聞かせるために書きました。

どうもすいませんでした。

お付き合いいただいてありがとう。

一年半後を楽しみに。

 

明日からはまたアホこと書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください