【ヌンチャクアーティスト宏樹 著】実戦ヌンチャクAtoZ 揺るぎない! 1/2

Pocket

ヌンチャクで実戦できるか?

 

もしもあなたが暴力沙汰に巻き込まれることがあったとして、相手がナイフを出してきたとしたら、これはもう危険である。

さっさと逃げた方がいい。

 

もしも相手がピストルなんて出した日には、もう土下座でもなんでもして許しを乞うしかない。

 

しかし、もしも相手がヌンチャクを出して来たらこれはもう

 

「ハハハハ、まったく驚かさないでよ」

 

「本気でケンカするのかと思ったじゃない」

 

と急に打ち解けることになるのである。

 

それほどヌンチャクはあくまでパフォーマンスであり、実際の武器にはなり得ないと思ていたのだが、この本に出会って、私は考えを改めなければならないのかもしれない。

 

その本とは、無形無限流創始者、ヌンチャクアーティスト宏樹 著、〝実戦ヌンチャクA to Z〟である。

 

奥付には、2011年12月10日、初版第一刷発行とあるので、そこまで昔の本でもない。

 

ヌンチャクアーティスト宏樹

 

※写真はヌンチャクアーティスト

 

ヌンチャクアーティスト宏樹とは、1970年生まれの日本人男性。

10歳の頃からヌンチャク修行に励み、25年後、独自の流派、その名も

〝ヌンチャク無形無限流〟

を創始。

翌2006年2月、北海道札幌に於いて

「NFAヌンチャク・ファイティング・アーツ」

なるヌンチャク道場を立ち上げる。

 

指導のかたわらヌンチャクアーティストとして、時にはタレント活動も行っているという、わかったんだかわからんのだかの人物。

 

唐突に「揺るぎない」

 

「揺るぎない」

 

という言葉を信条にしているんだか、気に入ってるんだか知らんが文章の途中でも唐突に

 

「揺るぎない」

 

と言いだすので、ちょっと頭が混乱する。

 

例えば、〝はじめに〟の最後の部分では

 

「本書を、今の私から10歳の私への30年越しの回答とするとともに、世界のヌンチャク愛好家の皆様、私を応援して下さる皆様、私の武道の恩師の皆様、私を育ててくれた両親、宏樹を見出してくださったメディアの皆様、そして心の師・ブルース・リーに捧げます。」

 

と語った直後

 

「揺るぎない」

 

と来る。

 

「え?」

 

ってなる。

 

また、あとがきでは

 

「2011年11月、我、此処に完成し、執念を晴らす。」

 

と何だか怖いことを言った直後、

 

「揺るぎない」

 

と、のたまうのである。

 

この人と、知り合いじゃなくてよかったーと安堵の思い。

 

宏樹とヌンチャクの出会い

 

本書による彼とヌンチャクとの出会いがすごい。

 

「1970年生まれの私にとって最初のヒーローは仮面ライダーです」

 

「憧れの仮面ライダーになりたい私は、親にねだって変身ベルトを買ってもらい、見よう見まねで覚えた仮面ライダーの変身ポーズをしたものです」

 

と語る。

 

そして、頭の中で怪人との対決を想定して戦い、最終的には高い所からジャンプして怪人に勝利するイメージトレーニングに励んだとのこと。

しかし彼に人生最初の挫折が襲う。

 

「毎日毎日、見えない怪人と戦い、連勝記録を重ねていましたが、いつの頃からか
 
〝自分は仮面ライダーにはなれない〟

〝なぜなら改造人間ではないからだ〟

と思い悩み始めました」

 

って、そんなことで思い悩むな!と思うが、まあ悩んだんだから仕方がない。

 

そんな悩みに打ちひしがれていたときに、父親からテレビの前に座る様にいわれ仕方なく見たのがブルース・リー。

そのヌンチャクさばきの凄まじさに悩みも一気に吹き飛び、心を奪われた回想する。

 

「テレビが終わると、この男になってやると決めました」

 

「私の将来は、ブルース・リーに決まりました」

 

って決まっちゃいないだろう別に!とツッコまずには居られないが、ツッコミをいれようとすると口癖のように

 

「揺るぎない」

 

と言い捨てるので困ったものである。

 

今後、私もなにか困ったことになったら

 

「揺るぎない」

 

と吐き捨ててその場を後にしてやろうかと思う。

 

(つづく)

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません