【不機嫌アピールの人への対処法!】アレだけは言ってはいけない!

Pocket

不機嫌アピールの人の心理

不機嫌であることを露骨に態度に出すヤツがいる。
こういうヤツの機嫌が良かろうが悪かろうがこっちとしては興味もないにもかかわらず、このバカは

『自分が不機嫌なのに、それに気づかぬ周りのヤツが憎らしい』

などと自分勝手なことを思い、不機嫌であることを露骨にアピールするのである。

不機嫌アピール人間との向き合い方、言ってはいけない言葉とは?

急に不機嫌な上司、急に不機嫌な恋人、急に不機嫌な配偶者、急に不機嫌な親・子などなど、不機嫌を露骨に表すヤツはだいたいこれらである。

で不機嫌をまき散らされるのは、部下、彼女、彼氏、妻、夫、子供、親、などなどそいつにとってはわがままを言える存在であり、つまり不機嫌をアピールしている人間は単に甘ったれているのだけなのである。
甘ったれた上、身体ばかりは大人となったが、自分の感情をコントロールできないほど精神が幼稚であり、やってほしいことを説明できないほど頭が悪いので急にブーたれたような態度になるのである。

ので、急に不機嫌になるヤツに

「どうしたの?」

「機嫌悪いの?」

なんて声を掛けたら逆効果。
甘ったれ根性を満たされてますます甘ったれド根性に陥り

「別に!」

だの

「機嫌悪くねーよ!」

などと不機嫌丸出しで話をはぐらかすようなくそでもねえことを言い出すに違いない。

こっちとしてもそんなバカを相手にしている暇はない。

急にむくれっつらで不機嫌をアピールしてくる人がいたら声など掛けずに無視するに限る。
もしくは起きながら寝言をほざいている状態なのであるから、頭から水でもぶっかけて目を覚まさせてやればいいのである。

※自己責任でお願いします。

急に不機嫌になる上司風景

職場でみんな働いている。
仕事中は誰でも多かれ少なかれある程度我慢をして自分を抑えているものである。

にもかかわらず、この上司は、自分の仕事の処理能力のキャパシティーを超えると軽いパニックに陥り

『俺だけがなんで我慢せねばならん!』

などと思い突然不機嫌になる。

その上、このバカ上司は、自分が忙しくなると周りがみんな暇に見えるらしく

『なんで俺ばっか忙しいんだよ!』

『テメエらもちょっとは手伝え!』

『部下と上司は主従関係!』

『御恩と奉公!』

などと時代錯誤も甚だしい考えで頭の中がいっぱいになり、机を叩いて大きな音を出したり、誰に対するでもなく大声で

「まったくどいつもこいつも!」

などと抜かしたりする。
顔はゴリラじみているが、脳みその量はピグミーマーモセット以下である。

で、誰彼構わず

「まったくどいつもこいつも!」

と言い放つのは快感を伴うらしく、よくよく見ると勃起している。

(してません)

まだまだ不機嫌アピールはつづく

それでもまだまだ不機嫌は解消されず

「地獄だ!」

などと口にする。

このバカ上司が、別に大した仕事もしておらず別段地獄でもないにもかかわらず

「地獄だ!」

と口にするのは、仕事についてではなく、ただ単にそいつの甲斐性がなくローン地獄に陥っており、ふと仕事中にそれを思い出して

「俺はローン地獄だ!」

と言う意味で言っているに過ぎず、相手にする必要は全くないので安心して欲しい。

まとめ

忙しくってピンチであるなら周りの人間に、手伝ってほしい旨を口に出して言えばいいだけなのであるが、繰り返しになるが、そう考える知力がないので

『なんで察しがつかないんだよ!』

という相変わらずの自分勝手さを炸裂させているのである。

つまり、忙しくなると急に不機嫌になる上司は、自分の処理能力と、説明能力の低さをアピールしているに過ぎない。

そのため、今回の記事をお読みいただいたあなたが、急に不機嫌になる人間は

「私は器の小さい人間ですよ」

「私は仕事が遅いですよ」

「私はバカですよ」

と言っていることがご理解いただけたら幸いである。

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません