【およげ!たいやきくんが嫌い!】あの曲のヒットの理由がわからない!縁起良く777文字でお送りします。

Pocket

何が納得がいかないかと言って、およげ!たいやきくんの大ヒットほど納得のいかないものはない。

およげ!たいやきくんとは?

知ってると思うが一応説明すると、1975年、フジテレビの子供向けテレビ番組、『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発表された動揺。

作詞、高田ひろお、作曲、佐瀬寿一。

 

聴いてみる

ビョン・ビョン・ビョン・ビョン・ビョン・ビョビョビョ~ン
ビョン・ビョン・ビョン・ビョン・ビョン・ビョビョビョ~ン

などという完全に人をバカに仕切ったようなイントロから

毎日毎日ぼくらは鉄板の~

などと歌う声から、たいやきくんのキャラクターから、おじさんの頬が不自然に垂れ下がった顔から、毎日焼かれて嫌になったたいやきが海に逃げて、自由に泳ぎ回っていたら、釣り人に吊り上げられて、上手そうに食われるという救いようのない物語まで、もう全部が全部嫌い。

子供の頃から嫌い。

ポンキッキで死ぬほどリピートされたからという理由だけではなく嫌い。

 

 

およげ!たいやきくん好きな人いますか?

いませんよね?

「いや私は好きです!無人島に一枚だけCDを持っていくならこの曲です!」

とか、

「自分の葬儀のとき、出棺のタイミングでおよげ!たいやきくんを流して欲しい」

 

などと言う人はいるのか?

 

ヒットの理由は?

 

「あの曲のいったい何がいいの?」

「誰がこの歌いいと思ってるの?!」

「なんであんなに大ヒットした要因なの?!」

と、およげ!たいやきくんフリークの人にすがりつき、面倒くさがられて蹴られたりしても、必死に足にまとわりついて

「お願い!オセーテ!」

と、問いただしたいのである。

しかし、私の周りにいくら聞いてもおよげ!たいやきくんフリークなどはおらず、その思いは遂げられずにいる。

およげ!たいやきくん、2018年1月1日現在、日本において売り上げ枚数が最も多いシングル盤である。

正月早々納得がいかぬ。

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません