【間違いを素直に認めない人】 アホな刃傷沙汰にご用心!

Pocket

間違いを認めない人がいる。

 

中学生のころ、その頃の友人に

 

「ジンジャーエールのジンジャーってのはショウガのことらしいよ」

 

というと

 

「ショウガはジンジャーじゃなくてガーリック!」

 

と強く否定してきたので

 

「いや、ガーリックはニンニクだろう」

 

と言うと

 

「だったら寿司屋のガリはニンニクだっていうのか!寿司屋のガリはショウガだろーが!」

 

「寿司屋で英語を使うか!」

 

  と言うくだらない言い争いに陥ったことがある。

 

間違いを認めないとえらいことになる

 

 二十歳の頃、ピザ屋のバイト先の休憩所で雑談をしていたとき、仲間のひとりが  

 

「なんでも包丁を用いた戦いのときなんかは水で濡らした新聞紙を腹に入れておくと包丁から体を守ってくれるらしいね」

 

と言い出した。

 

「新聞ねえ。分厚い雑誌とかならきいたことあるけどね」

 

と答えると

 

「いや、新聞紙の場合はたったの一枚でいいらしい」

 

と言うので

 

「濡らした新聞紙一枚を腹に巻いておけばいいって?そんな訳ないだろーが」

 

と否定したら

 

「いや、俺は本で読んだから間違いない!」

 

「読み間違いってこともあるし、仮に書いてあったとしても本に書いてあれば全て正しいのか?」

 

「信頼できる本だから間違いない!」

 

  と頑なに言い張るので

 

「だったらお前、腹に濡らした新聞紙一枚巻いて、俺が包丁で刺してみるか?」

 

「のぞむところだ!」

 

と言って、そいつが一枚の濡らした新聞紙を腹に巻いた。

 

私はピザ屋の包丁をもって彼のへそのあたりに切っ先を当てる。

 

その状態でしばらく対峙する。

あなたは、こういう機会ないと思うんだが、刺される方も怖いだろうが、刺す方も怖気づくもので、脂汗が出てくる。

 

 

対峙する二人

 

「いいんだな?」

 

「・・・構わん」

 

  と、あくまで言い張るので

 

「いくぞ!」

 

とほんの0コンマ数ミリ程度、ちょっとだけ腕を前に出すとそいつが  

 

「イテッ」  

 

と言ったのでそれでお仕舞になった。                                

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください