【ベストカップル!】許せる有名人の結婚ベスト5!

Pocket

前回の反省を込めて

前回は、個人的に許せなかった有名人同士の結婚をランキング形式で発表した。
世の中には光があれば影があるように、プラスがあればマイナスがあるように、許せないカップルがあれば、許せるカップルがいるのである。

と、やや前回は嫉妬に狂ってただただ悪口を書いてしまった反省として、今回は皆様に福がくるような、おめでたい記事すべく、私が許せた有名人同士の結婚をランキング形式で発表します。

芸能人同士の結婚の例

さて、最近は芸能人同士のカップルが続出している。
のでまとめてみよう。

基本的に許せない結婚は前回の記事に書いたものだけなので、ここから先は全て許せる結婚です。

では観てみましょう。

ぺこ&りゅうちぇる

DAIGO&北川景子

田中哲司&仲間由紀恵

向井理&国仲涼子

藤本敏史&木下優樹菜

渡部建(アンジャッシュ)&佐々木希

(これ実はちょっと腹立つ)

HIRO&上戸彩

(これもちょっと腹立つ)

劇団ひとり&大沢あかね

(これぜんぜん腹立たない)

長友佑都&平愛梨

(これ、やや腹立つ)

TAKAHIRO&武井咲

(エグザイル関係はムカつく)

福山雅治&吹石一恵

(これは雲の上の世界なのでなんとも感じない)

 

などなど。
お似合いのカップルばかり。

どちらにも思い入れが無いといたって冷静になれるということがわかりました。

さて、このように全て微笑ましいカップルでしたが、いよいよ、私の選ぶ、もっとも許せる有名人夫婦、ベスト5の発表です。

許せる有名人の結婚ベスト5!

ベスト5:浜田雅功&小川菜摘

第5位は、浜ちゃん夫妻。もう微笑ましいしかないと思う。

幸せそうな家庭であり、浜ちゃんは努力家でありながらバリバリ稼ぐし、理想のカップルに上げる人も多いのではないか?

ベスト4:愛川欽也&うつみ宮土理

と、突然年齢層がグンと上がって驚いたヤングマン読者諸氏もいると思うが、誰が何と言ってもお似合いのこういう年のとりかたをしたいものだという、シニア夫婦の理想と言える。

ベスト3:宮川大助&花子

この夫婦に嫉妬している者がいたら会ってみたいものである。

ベスト2:京唄子&鳳啓助

急に画素数の荒い画像になったが、若者ならば若者であるほどご存知おもろい夫婦の司会であり、夫婦漫才の草分け的存在の二人。後、離婚したとは言うものの文句なく許せるカップルである。

夫婦、不思議な縁(えにし)で結ばれし男と女。

もつれ合い、化かし合い、許し合う、狐と狸。

夫婦、おもろきかな、おもろきかな。

この長き旅の道連れに幸せあれ…。

って今時誰も知らんっていうのよ。

いよいよ次は第1位。

ベスト1:正司敏江&正司玲児

堂々の第一位は、どつき漫才でお馴染みの正司敏江玲児のご両人である。

嫁がボケると夫がどつく。

が、そこには愛がある。

DVではない。

芸としてどつくのである。

ということで、当ブログにおきましては、正司敏江&玲児を許せる芸能人カップル第一位に認定しまーす!

敏江玲児をカップルと言い切る凄さ、我ながら酷い。

 

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません