【昭和49年生まれ】 最近見かけなくなったもの②

Pocket

赤いクリームソーダ

 

 

未だ根強い人気のクリームソーダに赤いのがあったことを知っていますか?

 

「クリームソーダって緑じゃないの?」

 

と思う若手が多いときくが、その昔、喫茶店でクリームソーダを注文するとき赤と緑で選べたものである。

緑はお馴染みのメロンソーダで、赤はいちご味だったような?

 

なんでわかんないかというと、子供ながらに

 

「男は緑でしょ」

 

「赤は女でしょ」

 

と思い込み、自分では頼んだことがないからである。

 

 

コンビニの白飯のみ弁当

 

いわゆるサトウのご飯とかのパックご飯ではない。

 

もう炊いてある、コンビニ弁当にはいっている白米のみが昔のコンビニには必ず売っていた。

 

今となっては、それこそパックご飯で十分んだが、当時、私はこれを結構買ったのである。

私と同じように電子レンジを持っておらず、パックご飯をコンビニのレンジであっためてもらうことに抵抗のある者にとってはありがたい商品だったのである。

 

電子レンジの普及率増加に伴い姿を消したと思われる。

 

高校時代、友人が勤めるコンビニの廃棄をもらいに行き

 

「今日、これしかないよ」

 

などとこの白米を手渡されたときは

 

「ふざけるんじゃねえ!」

 

とただで貰っておきながら、非常に憤ったことは苦い経験である。

 

 

 

後ろ髪だけが長い少年

 

今から25年前がピークであり、その後、徐々に減少。
遂には姿を完全に消した。

嬉しい。

当時、後ろ髪だけが長い少年を見ると、その親のセンスを疑い、親の見ていない隙をみて、その後ろ髪を引っ張りまわしてやりたくなるという、自分の闇の部分が露呈されたからである。

 

何を目指して当時の親は、自分の息子をあの髪型にしたのだろう?

 

そういえば当時のプロレスラーも後ろ髪だけ長いのがいたのでその影響か?

何に憧れているのやら。

 

 

炎達(ファイヤーズ)

 

とか書いたものの、ググっても大した資料がみつからん!

しまった!

と思うが、仕方がないので記憶を頼りに偏見多めで紹介します。

万が一、炎達すきなひとがいたらすいません。

 

【炎達】

と書いて、

【ファイヤーズ】

である。

 

1990年代初頭に存在した、現在は役者として活躍中の的場浩司率いるロックバンド。

 

「へえ、1990年くらいって、炎達(ファイヤーズ)とかって名前がかっこよかったのか~」

 

などと思ってもらっては困る。

当時から、まずはネーミングだけで我々バンド少年から完全に無視されるバンドであった。

 

おそらく的場自らが結成したのではなく、レコード会社とか事務所だとかが当時のバンドブームに便乗して作られたモンキーズ的な経緯で誕生したバンドと思われる。

 

いや、自ら結成したのかもしれんが、そこ含め資料が無いので申し訳ない。

 

しかしこの、炎達のネーミングは的場自らが名付け、的場的にどストライクであったものと推測される。

楽曲、YouTubeで聞いてみる。歌が下手である。

 

我々世代は的場浩司が役者として芝居なんかをしているのを見ると

 

「炎達のくせに」

 

と思ってしまう悪い癖がついているのである。

 

炎達。。。。見かけなくなって本当に良かった。

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません