【大切な人に】禁煙/禁酒/ダイエットしてもらうには何が一番大切か?

Pocket

やめるのに一番大切なものは?

 

酒をやめる、タバコをやめる、ダイエットをはじめる。

または、はじめさせる、には何が一番重要か?

それは、〝きっかけ〟が一番重要である。

 

よく間違って、やめる方法を説いている者がいあるが逆効果である。

 

酒をやめる方法/タバコをやめる方法/ダイエットをする方法はいくらでもある。

 

が、タバコをやめようと思っていない人に対して効果的な禁煙方法を説いても

 

「辞めたくないんで~」

 

と真っ黒い歯をして薄ら笑っておるだけである。

 

酒も同じでやめる気がないのに、やめる方法を説いても

 

「もっともっと呑みたいんだバーローメ」

 

と、酒臭い息を吹きかけられるだけである。

 

理屈よりも、やめたいという気持ちを芽生えさせることが先決である。

 

そういう意味では、小学生の頃、父親が飲んだくれると、そのREDというウィスキーの入った、どでかい瓶を奪い取り流し台に中身を全部捨ててやったりしたのは、父親にとっては、なかなかの禁酒のきっかけになったはずである。

 

まあ、数か月後、再び飲みだしたが。

 

なので

 

「うちの旦那は痩せようとしない!」

「タバコを辞めようとしない!」

 

などと嘆く前に、まずはきっかけを作ってあげてみてはどうか?

タバコをやめるきっかけ

 

これはもう金でしょう。

何か欲しいものがあるけど金銭的に難しい。

タバコさえやめれば・・・

 

と考えさせられればOKである。

 

私の場合は、タバコはやめたくないが、金は惜しいと思っていたところ、

 

「タバコを吸いだす前の自分に戻れたらいいと思わないか?」

 

「タバコを辞めるんじゃない。吸い出す前の自分に戻るだけだ」

 

という言葉を目にして、だったらやってみようと思い、いろいろ禁煙方法について考えたのである。

 

臭いとか、健康に悪いなんていうのは実際に体を壊したり、辞めてから改めて気が付くことであり、現段階で健康な人に健康に悪いよなんて言っても

「不健康は承知の上よ」

「近所のじいさんは、90を超えてもヘビースモーカーだ」

 

などと

 

「近所のじいさんは宝くじで三億円当たったから、俺も当たるんだ」

 

というのと同じ理屈をこね、奇跡が自分にも起こると信じている人たちなんで意味がないので注意したい。

 

ダイエットのきっかけ

 

これはもう

 

「太ったね」

 

と言われるですね。

 

または、恋をするとか。

結婚して、

「釣った魚にエサは与えねえ!」

「もうどういう体になっても関係ねーわ」

と思っている人にはなかなか難しいだろうが、嫁の特権を活かして主食を玄米に変えるとか、こんにゃくをふんだんに使うなどで少しでも減量させ

 

「痩せた?」

などと言ってうまく乗せてダイエットに踏み込ませよう。

 

禁酒のきっかけ

 

これは

「酒で人に迷惑をかけた」

でしょうが、飲んで寝るだけの静かな酔っ払いにはなかなか難しいですね。

筋トレに目覚めさせるしかない。

筋トレに目覚めれば酒が一番の悪であることに気が付き辞めようとするからである。

 

 

全部の人

 

「うちの旦那は、ヘビースモーカーで、大酒のみで、デブである」

「何から手をつければいいんでしょう?」

 

という場合、私はまず筋トレをお勧めしたい。

 

タバコや酒を辞めたくなくても、痩せたくない者など、デブタレとか彼女がデブ専でもない限りいないはずである。

「細マッチョになりたい」

などと思えば、筋トレが最適であり、筋トレをすればタバコなんぞはバカらしくなり、酒が痩せるのにもっとも不適切であるとわかり、少し時間はかかるが、おのずと全部解消するのである。

 

私の禁酒のきっかけ

 

マラソン完走以来、飲酒の量を減らしたらすこぶる快適であるからである。

まず朝がすがすがしい。

できればこのまま酒をやめたいけど、なかなか決心がつかず、

 

「まだ焼酎もまるまる一升残っているし」

 

「年末に向けて酒を飲む機会も増えるし」

 

「年明け、正月気分がすっかり抜けてから禁酒しようと思う」

 

などと、甘ったれた気分を払拭すべく自分に向けて書いてみた。

タバコはすぐ止められたけど、酒はなかなか根が深い と今は思っているが

 

「タバコも酒も簡単に辞められるぜ」

 

と言えるように頑張ります。

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.

つりばんど 岡村

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。 詳細プロフィールはこちら

フォローしていただけるとブログ更新を見逃しません